自転車のルールとマナー
             自転車は乗り物である為使い方を間違えるととても危険な事もたくさんあります。
             ここでは自転車を安全に使いこなす為どんなことに注意したら良いか考えましょう

 新しくなった道路交通法 平成25年12月1日施行

新しい道路交通法では軽車両の罰則が強化されました。理由は自転車事故が増えているからです。その一部を紹介します。
 路側帯の双方向通行が禁止になります
 進路左側の路側帯が通行可(※著しく歩行者の通行を妨げることとなる場合を除く)
 *ブレーキのない自転車は道路では運転禁止!! 停止・検査を拒むと運行禁止命令を拒むと(5万円以下の罰金)
 *傘さし運転・ 運転の妨げとなる衣服等着用違反 (5万円以下の罰金)
 *警音器を備えていない自転車の運転禁止(軽車両の中でも「普通の自転車」について規定されていなかったものを補 填)(5万円以下の罰金)
 * けん引されるリヤカーの積載重量を規定(120kg以下) 6ヶ月以下の懲役又は10万円以下の罰金
  一時停止違反・・・・3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金。
  信号無視・・・・3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金。
  2人乗り(16歳以上の運転者が6歳未満の子供1人を幼児用座席に乗せている場合は除く)・・・・2万円以下の罰金、又は科料。
  夜間無点灯・・・・5万円以下の罰金。
  酒酔い運転・・・・3年以下の懲役、又は50万円以下の罰金。自動車と同様軽車両にも適用されるようになりました。

一定の危険な違反行為で、2回以上摘発された自転車運転者に対する「自転車運転者講習」の受講を命令されます

 歩道は歩行者の為の道路です
   自転車は軽車両に区分され、歩道を走ることは原則禁止されています。ですが多くの方が自転車は歩道を走るものだと間違えて認識されているのが現状です。
   では自転車はどこを走るのか?ということですが自転車が走るのは車道です。それも左側と決まっています。
 
    愛知県警察のページです